建築の流れ

弊社は、建物の「設計」及び「工事監理」を主とした業務としております。「設計」とは建物を建てる時に必要な必要な図面等を作成することを言い、「工事監理」とは工事が図面等のとおりに実施されているかを確認することを言います。「設計」と「工事監理」の大まかな流れは下記のようになります。


 お問い合わせ・ご相談

まずはご連絡ください。
電話、メール、各お問い合わせホームからお願い致します。

 聞き取り

計画・予算・敷地・工期・内容等、建築に関するご要望をお聞かせください。
専門家として様々な面でご検討致します。

 基本計画・基本設計

聞き取り内容をもとにご提案をさせて頂きます。
平面図・立面図・断面図といった基本的な図面やパース等によりご説明致します。

 設計・監理契約

方向性が決まりましたら、設計・監理の契約をお願い致します。
設計・監理料についてはこちらをご参考下さい。

 実施設計

建築図面一式の作製を致します。
この段階で建築の詳細に関して詰めていきます。

 各種申請

確認申請等、必要な申請書類の作製及び提出を行います。



 施工業者決定

施工業者の選定を入札等により決定致します。
各施工業者から提出される見積書の内容を確認し妥当性の判断を行います。

 着工・工事監理

いよいよ着工となります。
計画・図面通りに建築されていくか建築主と施工業者の間に立ち確認致します。

 竣工・お引渡し

完成しましたら、各種検査を行い問題がないか確認致します。
問題がなければお引渡しとなります。

 経年検査

お引渡し後1年目・2年目に経年検査を行っています。
その他にもご相談等がありましたら、その都度対応致します。